にごり爪に効果を発揮するクリアネイルショットの使い方とは

クリアネイルショットのより効果的な使い方って知っていますか?

ここでは、にごり爪と普通の皮膚にできる悩みとの違いについて簡単に説明したあとにクリアネイルショットがより効果を発揮しやすい使い方を紹介しています。

にごり爪の治療は皮膚にできる悩みとは違うところがあります。それは、皮膚であれば、ある程度悩みのタネを対策する成分が浸透しやすい状態にあると言えますが、にごり爪の場合は、爪に対策成分を浸透させないといけないので、なかなか治りが早くならない場合があるんですね。

にごり爪に関しては、クリアネイルショット以外の薬などを試したけれど、なかなかちゃんと治ってくれない、という場合の人が多いと思いますが、そのポイントは対策成分が爪にちゃんと浸透してくれるかどうかという点になると言っても過言ではないんです。

クリアネイルショットの場合は、親油性を高める事、つまり油性の成分をジェルに混ぜることによって、爪に対策成分が浸透しやすくしてくれています。

 

その油性の成分として入っているのはティーツリー葉油やアボガド油です。これらの成分と悩みのタネを対策してくれる成分を配合することで従来のにごり爪対策では浸透しづらかった対策成分を浸透しやすくしているんですね。(因みに、ティーツリーは悩みのタネに対しての対策効果があることがちゃんと認められ得ている成分です。にごり爪に、ティートリーが効果あり−−日本アロマセラピー学会第6回学術総会から:MedWave Back Number

 

さらに、対策成分自体にも竹酢液などの効果的な成分を使っているところも他のにごり爪対策とは大きく違います。

ドラッグストアで販売されているにごり対策の商品は薬品によって悩みのタネを対策しようとしていますが、クリアネイルショットは皮膚や爪にも優しい成分を使用しているところも口コミで人気がでてきている理由の一つですね。

さて、クリアネイルショットをより効果的に使うための使い方についてですが、ポイントは爪ができるだけ柔らかくなっている時を狙うことにあります。

爪が柔らかくなっている時の方が対策成分がより浸透しやすい状態になっていますからね。

そして、その時とはお風呂が上がりの時です。暖かいお湯によって爪はお風呂に入る前よりもクリアネイルショットの成分が浸透しやすい状態になっています。10人に1人がにごり爪ってホント!? | ロート製薬: 商品情報サイト

このタイミングを狙って、クリアネイルショットを使うのと使わないのとで効果のでる早さにも大きく影響してきます。

もし、クリアネイルショットを使って本気でにごり爪対策をしていこうとするのであれば、お風呂上がりに毎日塗る、というのがおすすめですよ。

 

お洒落女子こそ悩みのタネに注意!にごり爪したらクリアネイルショット。

足の悩みというと、なんとなく中年男性に多いというイメージをお持ちの方が多いと思います。

ところがここ最近、女性で足に悩みのタネを抱える人がとても増えているということをご存知でしょうか。

 

悩みになってしまう原因には、女性特有のものもいくつかあります。

 

例えば、あまり通気性のよくないものを長い時間履き続けてしまうことが挙げられます。

ストッキングやタイツ、また寒い季節にお洒落として履く機会の多いブーツなどが悩みの原因になってしまうのです。

 

また、つま先に向けてだんだんと細くなっていくような作りの靴も、足指のあたりが群れてしまいがちです。

 

男性だけの問題と切り捨てず、お洒落女子こそ、悩みには十分に気を付ける必要がありそうですよ。

それと、万が一悩みになったとしたら、爪にも悩みのタネが移っていないかどうかをチェックした方が良いと思います。

というのも、皮膚似悩みの種が移っている場合、特に長期に渡って移っている場合、爪にも移ろうとした事が一度ぐらいはあるからです。

もし、爪に悩みのタネが移っている場合はクリアネイルショットをつけて見ると良いと思います。

クリアネイルショットは他のにごり爪対策のアイテムに比較しても爪への浸透力が違うので、だいたい1ヶ月もすれば徐々に効果を感じられるはずですから。

 

ただ、大事なのは、クリアネイルショットを買った場合は毎日お風呂上がりに毎日つける事が大事です。

途中でやめてしまっては思った程の効果を得られずに、「なんだクリアネイルショットって効果ないじゃん。」となってしまいますから。

 

 

 

クリアネイルショットと悩みのタイプ

普通足の悩みと言われている症状のなかでどんな症状が多いかといえば、やはりそれは足の指の間にできる悩みですよね。

この症状は趾間型タイプと言います。

足の指の間が赤くなったり、指の間が白くふやけたりして、指の間が白くふやけたりして、ジクジクした状態になり、痒みを伴います。

さらに、症状が進んでいくと臭いも放出してきます。

次に多いタイプとしては、小水疱型タイプです。

これは、足の裏や指の付け根などに小さな水ぶくれができて、痒みがあり、赤くなったり、かさぶたになったりして、やがては皮膚がボロボロとはがれ落ちます。

そして、最後は角質増殖型タイプ。

これは足の裏の角質層が厚くなり、ひび割れることもあります。

ですが、痛くもなければ、痒くもなく皮膚が乾燥した状態になって、堅くなるのが特徴的です。

年齢的に硬くなる角質化の区別がつきにくく、悩みとは思わない人も多い場合がよくあります。

最初は趾間型タイプ、小水疱型タイプだったのが、年齢を重ねるとともに、角質増殖型に変わることもあります。

角質増殖型になると、今までの症状とは違い、皮膚が乾燥しているので、治ったと思う人もいるようですが、これは悩みのタネはまだ寄生した状態であり、悩みであることには変わりありません。

また、にごり爪用のクリアネイルショットを使うことになる人は、これらの症状を放置したがために、悩みのタネが爪に移ってしまい、にごり爪になるケースがよくありますが、いずれの状態になった時にも、早期に対策をすることが大切です。

できれば、クリアネイルショットは使わずに済む方が良いですからね。