爪水虫の治療は飲み薬が主ですが、クリアネイルショットは副作用がなく・・・

爪水虫の治療といえば、今は飲み薬が中心なのを知っていますか?飲んだ薬は血液にのって、足の爪先にまで到着したら、白癬菌を殺菌してくれます。

ちょっと怖い感じがしないでもないですが、効果的だという事で爪水虫の治療には飲み薬が用いられるケースが多いです。

ただ、このサイトでは基本的にはクリアネイルショットをおすすめしているんですが、その理由は副作用がないからなんですね。

飲み薬も今は進化してきて、だいぶ副作用がなくなってきたみたいですが、それでも長期にわたって飲み続けると腎臓とか肝臓に負担を強いてしまう危険性があります。

経験した人は知っていると思いますが、血液検査を1ヶ月に1回ぐらい実施するのが爪水虫を飲み薬で治療していく際には一般的です。

注意しないといけないのは、必ずこの血液検査に行かなければいけない、っていう事。

仕事の都合などで、なかなか時間が取れないという人でもいかないといけません。

 

実はは腎臓、肝臓に負担がかかり異変を起こしているにもかかわらず、ついついいけると思って血液検査にいかない場合もあるみたいですが、それは絶対にNGなんですね。

 

その点クリアネイルショットは天然の殺菌成分を使用しているので、血液検査をする必要性はありません。自分のペースで実践していけるところが一つの魅力だとも言えますね。

 

長年の爪水虫をクリアネイルショットで治すには。

クリアネイルショットを使って見ようと思う人の中にはきっと長年放置してきた爪水虫を治したい、そう思っている人も多いと思います。

塗り薬では治らなかった人、皮膚科に行き処方された薬を使ったけれども治らなかった人、いろいろな背景があると思います。

クリアネイルショットを使用して爪水虫を治していくに当たって少し大事なことを話しますね。

大事な事というのは、爪水虫を治さずに放置してきた人ほど綺麗な爪にしていくためには時間がどうしてもかかると言うことです。

仮に爪全体が黄色く濁っている、症状が進行して黒くなっている、はたまたもろく崩れはじめている人もいるかも知れないですね。

そういう場合、爪水虫の原因菌である白癬菌は、おそらく爪床にまで入り込み、皮膚にも入り込んでいる可能性が大きいです。

そうなると、クリアネイルショットだけでは対処仕切れない場合があります。

なぜなら、爪以外の部分にも白癬菌が潜んでいるからです。

ですので、できる事なら、爪水虫対策と同時に、皮膚に潜んでいる水虫の対策をしていく事を強くおすすめします。

じゃないと、爪の白癬菌を殺菌できたとしても、また皮膚の方から爪へと白癬菌が移ってくる可能性が大きいですから。