爪水虫の治療は飲み薬が主ですが、クリアネイルショットは副作用がなく・・・

爪水虫の治療といえば、今は飲み薬が中心なのを知っていますか?飲んだ薬は血液にのって、足の爪先にまで到着したら、白癬菌を殺菌してくれます。

ちょっと怖い感じがしないでもないですが、効果的だという事で爪水虫の治療には飲み薬が用いられるケースが多いです。

ただ、このサイトでは基本的にはクリアネイルショットをおすすめしているんですが、その理由は副作用がないからなんですね。

飲み薬も今は進化してきて、だいぶ副作用がなくなってきたみたいですが、それでも長期にわたって飲み続けると腎臓とか肝臓に負担を強いてしまう危険性があります。

経験した人は知っていると思いますが、血液検査を1ヶ月に1回ぐらい実施するのが爪水虫を飲み薬で治療していく際には一般的です。

注意しないといけないのは、必ずこの血液検査に行かなければいけない、っていう事。

仕事の都合などで、なかなか時間が取れないという人でもいかないといけません。

 

実はは腎臓、肝臓に負担がかかり異変を起こしているにもかかわらず、ついついいけると思って血液検査にいかない場合もあるみたいですが、それは絶対にNGなんですね。

 

その点クリアネイルショットは天然の殺菌成分を使用しているので、血液検査をする必要性はありません。自分のペースで実践していけるところが一つの魅力だとも言えますね。

 

長年の爪水虫をクリアネイルショットで治すには。

クリアネイルショットを使って見ようと思う人の中にはきっと長年放置してきた爪水虫を治したい、そう思っている人も多いと思います。

塗り薬では治らなかった人、皮膚科に行き処方された薬を使ったけれども治らなかった人、いろいろな背景があると思います。

クリアネイルショットを使用して爪水虫を治していくに当たって少し大事なことを話しますね。

大事な事というのは、爪水虫を治さずに放置してきた人ほど綺麗な爪にしていくためには時間がどうしてもかかると言うことです。

仮に爪全体が黄色く濁っている、症状が進行して黒くなっている、はたまたもろく崩れはじめている人もいるかも知れないですね。

そういう場合、爪水虫の原因菌である白癬菌は、おそらく爪床にまで入り込み、皮膚にも入り込んでいる可能性が大きいです。

そうなると、クリアネイルショットだけでは対処仕切れない場合があります。

なぜなら、爪以外の部分にも白癬菌が潜んでいるからです。

ですので、できる事なら、爪水虫対策と同時に、皮膚に潜んでいる水虫の対策をしていく事を強くおすすめします。

じゃないと、爪の白癬菌を殺菌できたとしても、また皮膚の方から爪へと白癬菌が移ってくる可能性が大きいですから。

暖かくなってきました。クリアネイルショットを

だんだんと暖かい季節になってきましたね。昼間は夏みたいになってくる日も多くなりそうです。

さて、そんな暖かい季節になってきたのは良いのですが、水虫を抱えている人にはこの暖かい季節の到来はさほど喜んでばかりもいられないです。

というのも、水虫菌である白癬菌は寒い時期はじっとしてくれていますが、気温が上昇するにつれて、活動を活発にしはじめますから。

これはクリアネイルショットで対策をする爪水虫についても同じ事が言えます。皮膚の水虫と同様に爪に入り込んでいる白癬菌も気温が上昇するにつれてその活動を活発にするので、今爪水虫で、そのままにしておけば、この先さらに爪水虫は悪化してきます。

クリアネイルショットを塗り始めたら、すぐに爪水虫が治る事はありません。しかし、塗り始める事によって白癬菌の活発な活動自体は押さえ込む事はできます。

もし、今爪水虫で何も対策をしていないのであればできるだけ早く対策に取りかかることをおすすめします。

 

クリアネイルショットを使っている人へ。かかとがガサガサになっていませんか?

クリアネイルショットを知っている人のほとんどは爪水虫の人だと思います。前回の記事でも書きましたが、爪に水虫の原因である白癬菌が棲みついてしまっているという事は足のほかのどこかにも白癬菌が棲みついている可能性が大きいですよね。

そこで一つチェックして欲しい事があるんですが、足の裏がガサガサになっていませんか?

まるでかかとが乾燥でひび割れているような症状です。

この症状の場合はかかとが水虫になっている可能性があります。

水虫というと、一般的には足の指の間がジュクジュクしたり、水ぶくれみたいになってしまったりとした症状がよく知られていますが、このかかとのガサガサも水虫である場合があるんですね。

これを角質増殖型と言いますが、角質増殖型はひび割れやあかぎれと勘違いされる事が多く、つまりは自分のかかとが水虫であると認識されていない事が多いんですね。

さて、このかかとの角質増殖型の水虫と爪水虫の関係なんですが、爪水虫を一生懸命にケアしたとしても、もしかかとに白癬菌が棲みついている場合は、爪に棲みついた白癬菌を殺菌したとしとしても、あとからかかとに棲みついている白癬菌が爪の方に移ってくる事があります。

要するに何が言いたいかというと、爪の白癬菌を殺菌したとしても、またすぐ白癬菌がかかとから爪へと移ってきてしまう場合があるというわけです。

となれば、なかなか爪水虫はクリアネイルショットを使ったとしても治りませんよね。

もっと言えば、せっかく爪水虫対策にクリアネイルショットを使っていても意味がない、とさえ言える事がでてきます。

クリアネイルショットを使っているけれど、なかなか爪水虫が治らないと言う人は一度かかとをチェックしてみてください。ガサガサになっていませんか?

爪に白癬菌が潜むという事は・・・

爪水虫に悩む人はそうとういるみたいですが、彼らは白癬菌に感染した爪を治すために日々薬を塗ったり、このサイトで紹介しているクリアネイルショットを使っています。

ですが、なかなか白癬菌に感染していない爪が生えてこない、そんな人も多いですが、その理由について考えたことはあるでしょうか?

実は、この問題は爪ばかりに目を奪われているからこそおきる問題と思います。

というのも、爪に白癬菌が潜んでいるという事は、足の他の部分にも白癬菌が存在していると思わないでしょうか?

特に、爪周りの皮膚なんかは怪しいですよね。爪周りの皮膚に白癬菌が存在していたとしたら、その白癬菌は爪にも移っていく可能性が大きいですよね。

とすると、クリアネイルショットや爪水虫の薬を爪に塗っていたとしても、その塗った時点では殺菌成分が浸透したところでは殺菌ができているわけですが、その後爪周りの皮膚から白癬菌がまた爪に侵入してきたとしたら・・・。

爪水虫を治すためには、爪周りに存在している白癬菌にも目を向けることはとても大事なことではないでしょうか?

爪水虫と分かったら早めクリアネイルショットで対策。

爪水虫と自覚した時はなるべく早めにクリアネイルショットで対策を進めるのがおすすめです。

というのも、今現在重度の爪水虫の人であれば嫌というほど自覚していると思いますが、本当に治していくのに時間がかかります。

最初皮膚に接触している爪の部分が黄色くなりはじめ、次第に硬くごわつく感じになり、その後は症状が進行すると黒くなってくる事もあります。

この黒くなるまで爪水虫が進行すると、場合によっては爪全体を一度剥がしてしまわなければいけない状態になる場合も考えられます。

そうなれば、中には歩くことにも不便を感じる場合がでてくるでしょう。

というのも、足のつま先の爪は体のバランスを保つ機能もになっているからです。

確かに、ここまでいく場合は少ないかも知れないですが、爪水虫を放置していると最悪の場合はそうなります。

クリアネイルショットを使ってみようかな、と考えている人の多くはまだ爪が黒くなっていない段階の爪水虫だと思いますが、できるだけ早めの対策をとることが最悪の事態を避けるためにも大切な事ですね。

クリアネイルショットの使い方でよくある間違い。

クリアネイルショット使う時はみんな白癬菌に感染しているごわごわした黄色の爪の部分については本当にしっかりと塗っています。やっぱり少しでも早く治したいですから、当然かも知れません。

ですが、それ以外のところについてはどうでしょうか?爪水虫になっているところしか塗っていない人って結構多いのではないでしょうか?

もしそうだとしたら、それは大問題です。というのも、よくよく考えてみて欲しいのですが、今ある爪水虫の患部はどこかからか白癬菌が侵入してきているはずですよね。

それで症状が酷くなってしまった結果、目で見ても白癬菌に感いる事が分かるようになったんだと思います。

となると、その侵入してきたであろう部分にもクリアネイルショットをちゃんと塗っておかないと、また白癬菌が侵入してきてしまいます。

 

つまり、爪水虫は一度治ったとしても再発してしまうっていう事です。これではいたちごっこのようになってしまい、いつまで経って爪水虫は完治しません。

 

ですので、爪水虫を完治させるためには、患部である爪だけではなくて、皮膚と接している部分や付け根にもちゃんとクリアネイルショットを塗るようにしましょう。

そうすれば、いずれ完治しますから。

爪水虫に効果を発揮するクリアネイルショットの使い方とは

クリアネイルショットのより効果的な使い方って知っていますか?

ここでは、爪水虫と普通の皮膚にできる水虫との違いについて簡単に説明したあとにクリアネイルショットがより効果を発揮しやすい使い方を紹介しています。

爪水虫の治療は皮膚にできる水虫とは違うところがあります。それは、皮膚であれば、ある程度白癬菌を殺菌する成分が浸透しやすい状態にあると言えますが、爪水虫の場合は、爪に殺菌成分を浸透させないといけないので、なかなか治りが早くならない場合があるんですね。

爪水虫に関しては、クリアネイルショット以外の薬などを試したけれど、なかなかちゃんと治ってくれない、という場合の人が多いと思いますが、そのポイントは殺菌成分が爪にちゃんと浸透してくれるかどうかという点になると言っても過言ではないんです。

クリアネイルショットの場合は、親油性を高める事、つまり油性の成分をジェルに混ぜることによって、爪に殺菌成分が浸透しやすくしてくれています。

 

その油性の成分として入っているのはティーツリー葉油やアボガド油です。これらの成分と白癬菌を殺菌してくれる成分を配合することで従来の爪水虫対策では浸透しづらかった殺菌成分を浸透しやすくしているんですね。(因みに、ティーツリーは白癬菌に対しての殺菌効果があることがちゃんと認められ得ている成分です。爪白癬に、ティートリーが効果あり−−日本アロマセラピー学会第6回学術総会から:MedWave Back Number

 

さらに、殺菌成分自体にも竹酢液などの効果的な成分を使っているところも他の爪水虫対策とは大きく違います。

ドラッグストアで販売されている爪水虫対策の商品は薬品によって白癬菌を殺菌しようとしていますが、クリアネイルショットは皮膚や爪にも優しい成分を使用しているところも口コミで人気がでてきている理由の一つですね。

さて、クリアネイルショットをより効果的に使うための使い方についてですが、ポイントは爪ができるだけ柔らかくなっている時を狙うことにあります。

爪が柔らかくなっている時の方が殺菌成分がより浸透しやすい状態になっていますからね。

そして、その時とはお風呂が上がりの時です。暖かいお湯によって爪はお風呂に入る前よりもクリアネイルショットの成分が浸透しやすい状態になっています。10人に1人が爪水虫ってホント!? | ロート製薬: 商品情報サイト

このタイミングを狙って、クリアネイルショットを使うのと使わないのとで効果のでる早さにも大きく影響してきます。

もし、クリアネイルショットを使って本気で爪水虫対策をしていこうとするのであれば、お風呂上がりに毎日塗る、というのがおすすめですよ。

 

お洒落女子こそ水虫に注意!爪に感染したらクリアネイルショット。

水虫というと、なんとなく中年男性に多いというイメージをお持ちの方が多いと思います。

ところがここ最近、女性でも水虫に悩む人がとても増えているということをご存知でしょうか。

 

水虫になってしまう原因には、女性特有のものもいくつかあります。

 

例えば、あまり通気性のよくないものを長い時間履き続けてしまうことが挙げられます。

ストッキングやタイツ、また寒い季節にお洒落として履く機会の多いブーツなどが水虫の原因になってしまうのです。

 

また、つま先に向けてだんだんと細くなっていくような作りの靴も、足指のあたりが群れてしまいがちです。

 

男性だけの問題と切り捨てず、お洒落女子こそ、水虫には十分に気を付ける必要がありそうですよ。

それと、万が一水虫になったとしたら、爪にも水虫菌が感染していないかどうかをチェックした方が良いと思います。

というのも、皮膚に水虫菌である白癬菌が感染している場合、特に長期に渡って感染している場合、爪にも感染しようした事が一度ぐらいはあるからです。

もし、爪に水虫が感染している場合はクリアネイルショットをつけて見ると良いと思います。

クリアネイルショットは他の爪水虫薬に比較しても爪への浸透力が違うので、だいたい1ヶ月もすれば徐々に効果を感じられるはずですから。

 

ただ、大事なのは、クリアネイルショットを買った場合は毎日お風呂上がりに毎日つける事が大事です。

途中でやめてしまっては思った程の効果を得られずに、「なんだクリアネイルショットって効果ないじゃん。」となってしまいますから。

 

 

 

クリアネイルショットと水虫のタイプ

普通水虫と言われている症状のなかでどんな症状が多いかといえば、やはりそれは足の指の間にできる水虫ですよね。

この症状は趾間型タイプと言います。

足の指の間が赤くなったり、指の間が白くふやけたりして、指の間が白くふやけたりして、ジクジクした状態になり、痒みを伴います。

さらに、症状が進んでいくと臭いも放出してきます。

次に多いタイプとしては、小水疱型タイプです。

これは、足の裏や指の付け根などに小さな水ぶくれができて、痒みがあり、赤くなったり、かさぶたになったりして、やがては皮膚がボロボロとはがれ落ちます。

そして、最後は角質増殖型タイプ。

これは足の裏の角質層が厚くなり、ひび割れることもあります。

ですが、痛くもなければ、痒くもなく皮膚が乾燥した状態になって、堅くなるのが特徴的です。

年齢的に硬くなる角質化の区別がつきにくく、水虫とは思わない人も多い場合がよくあります。

最初は趾間型タイプ、小水疱型タイプだったのが、年齢を重ねるとともに、角質増殖型に変わることもあります。

角質増殖型になると、今までの症状とは違い、皮膚が乾燥しているので、治ったと思う人もいるようですが、これは白癬菌はまだ寄生した状態であり、水虫であることには変わりありません。

また、爪水虫用のクリアネイルショットを使うことになる人は、これらの症状を放置したがために、白癬菌が爪に感染してしまい、爪水虫になるケースがよくありますが、いずれ
の状態になった時にも、早期に対策をすることが大切です。

できれば、クリアネイルショットは使わずに済む方が良いですからね。