クリアネイルショットと水虫のタイプ

普通水虫と言われている症状のなかでどんな症状が多いかといえば、やはりそれは足の指の間にできる水虫ですよね。

この症状は趾間型タイプと言います。

足の指の間が赤くなったり、指の間が白くふやけたりして、指の間が白くふやけたりして、ジクジクした状態になり、痒みを伴います。

さらに、症状が進んでいくと臭いも放出してきます。

次に多いタイプとしては、小水疱型タイプです。

これは、足の裏や指の付け根などに小さな水ぶくれができて、痒みがあり、赤くなったり、かさぶたになったりして、やがては皮膚がボロボロとはがれ落ちます。

そして、最後は角質増殖型タイプ。

これは足の裏の角質層が厚くなり、ひび割れることもあります。

ですが、痛くもなければ、痒くもなく皮膚が乾燥した状態になって、堅くなるのが特徴的です。

年齢的に硬くなる角質化の区別がつきにくく、水虫とは思わない人も多い場合がよくあります。

最初は趾間型タイプ、小水疱型タイプだったのが、年齢を重ねるとともに、角質増殖型に変わることもあります。

角質増殖型になると、今までの症状とは違い、皮膚が乾燥しているので、治ったと思う人もいるようですが、これは白癬菌はまだ寄生した状態であり、水虫であることには変わりありません。

また、爪水虫用のクリアネイルショットを使うことになる人は、これらの症状を放置したがために、白癬菌が爪に感染してしまい、爪水虫になるケースがよくありますが、いずれ
の状態になった時にも、早期に対策をすることが大切です。

できれば、クリアネイルショットは使わずに済む方が良いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です