クリアネイルショットの使い方でよくある間違い。

クリアネイルショット使う時はみんな悩みのタネが存在しているごわごわした黄色の爪の部分については本当にしっかりと塗っています。やっぱり少しでも早く治したいですから、当然かも知れません。

ですが、それ以外のところについてはどうでしょうか?にごり爪になっているところしか塗っていない人って結構多いのではないでしょうか?

もしそうだとしたら、それは大問題です。というのも、よくよく考えてみて欲しいのですが、今あるにごり爪の患部はどこかからか悩みのタネが侵入してきているはずですよね。

それで症状が酷くなってしまった結果、目で見ても悩みのタネに感いる事が分かるようになったんだと思います。

となると、その侵入してきたであろう部分にもクリアネイルショットをちゃんと塗っておかないと、また悩みのタネが侵入してきてしまいます。

 

つまり、にごり爪は一度治ったとしても再発してしまうっていう事です。これではいたちごっこのようになってしまい、いつまで経ってにごり爪は完治しません。

 

ですので、にごり爪を完治させるためには、にごり爪の部分だけではなくて、皮膚と接している部分や付け根にもちゃんとクリアネイルショットを塗るようにしましょう。

そうすれば、いずれ完治しますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です