クリアネイルショットを使っている人へ。かかとがガサガサになっていませんか?

クリアネイルショットを知っている人のほとんどは爪水虫の人だと思います。前回の記事でも書きましたが、爪に水虫の原因である白癬菌が棲みついてしまっているという事は足のほかのどこかにも白癬菌が棲みついている可能性が大きいですよね。

そこで一つチェックして欲しい事があるんですが、足の裏がガサガサになっていませんか?

まるでかかとが乾燥でひび割れているような症状です。

この症状の場合はかかとが水虫になっている可能性があります。

水虫というと、一般的には足の指の間がジュクジュクしたり、水ぶくれみたいになってしまったりとした症状がよく知られていますが、このかかとのガサガサも水虫である場合があるんですね。

これを角質増殖型と言いますが、角質増殖型はひび割れやあかぎれと勘違いされる事が多く、つまりは自分のかかとが水虫であると認識されていない事が多いんですね。

さて、このかかとの角質増殖型の水虫と爪水虫の関係なんですが、爪水虫を一生懸命にケアしたとしても、もしかかとに白癬菌が棲みついている場合は、爪に棲みついた白癬菌を殺菌したとしとしても、あとからかかとに棲みついている白癬菌が爪の方に移ってくる事があります。

要するに何が言いたいかというと、爪の白癬菌を殺菌したとしても、またすぐ白癬菌がかかとから爪へと移ってきてしまう場合があるというわけです。

となれば、なかなか爪水虫はクリアネイルショットを使ったとしても治りませんよね。

もっと言えば、せっかく爪水虫対策にクリアネイルショットを使っていても意味がない、とさえ言える事がでてきます。

クリアネイルショットを使っているけれど、なかなか爪水虫が治らないと言う人は一度かかとをチェックしてみてください。ガサガサになっていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です