爪に白癬菌が潜むという事は・・・

爪水虫に悩む人はそうとういるみたいですが、彼らは白癬菌に感染した爪を治すために日々薬を塗ったり、このサイトで紹介しているクリアネイルショットを使っています。

ですが、なかなか白癬菌に感染していない爪が生えてこない、そんな人も多いですが、その理由について考えたことはあるでしょうか?

実は、この問題は爪ばかりに目を奪われているからこそおきる問題と思います。

というのも、爪に白癬菌が潜んでいるという事は、足の他の部分にも白癬菌が存在していると思わないでしょうか?

特に、爪周りの皮膚なんかは怪しいですよね。爪周りの皮膚に白癬菌が存在していたとしたら、その白癬菌は爪にも移っていく可能性が大きいですよね。

とすると、クリアネイルショットや爪水虫の薬を爪に塗っていたとしても、その塗った時点では殺菌成分が浸透したところでは殺菌ができているわけですが、その後爪周りの皮膚から白癬菌がまた爪に侵入してきたとしたら・・・。

爪水虫を治すためには、爪周りに存在している白癬菌にも目を向けることはとても大事なことではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です