爪水虫と分かったら早めクリアネイルショットで対策。

爪水虫と自覚した時はなるべく早めにクリアネイルショットで対策を進めるのがおすすめです。

というのも、今現在重度の爪水虫の人であれば嫌というほど自覚していると思いますが、本当に治していくのに時間がかかります。

最初皮膚に接触している爪の部分が黄色くなりはじめ、次第に硬くごわつく感じになり、その後は症状が進行すると黒くなってくる事もあります。

この黒くなるまで爪水虫が進行すると、場合によっては爪全体を一度剥がしてしまわなければいけない状態になる場合も考えられます。

そうなれば、中には歩くことにも不便を感じる場合がでてくるでしょう。

というのも、足のつま先の爪は体のバランスを保つ機能もになっているからです。

確かに、ここまでいく場合は少ないかも知れないですが、爪水虫を放置していると最悪の場合はそうなります。

クリアネイルショットを使ってみようかな、と考えている人の多くはまだ爪が黒くなっていない段階の爪水虫だと思いますが、できるだけ早めの対策をとることが最悪の事態を避けるためにも大切な事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です