にごり爪に効果を発揮するクリアネイルショットの使い方とは

クリアネイルショットのより効果的な使い方って知っていますか?

ここでは、にごり爪と普通の皮膚にできる悩みとの違いについて簡単に説明したあとにクリアネイルショットがより効果を発揮しやすい使い方を紹介しています。

にごり爪の治療は皮膚にできる悩みとは違うところがあります。それは、皮膚であれば、ある程度悩みのタネを対策する成分が浸透しやすい状態にあると言えますが、にごり爪の場合は、爪に対策成分を浸透させないといけないので、なかなか治りが早くならない場合があるんですね。

にごり爪に関しては、クリアネイルショット以外の薬などを試したけれど、なかなかちゃんと治ってくれない、という場合の人が多いと思いますが、そのポイントは対策成分が爪にちゃんと浸透してくれるかどうかという点になると言っても過言ではないんです。

クリアネイルショットの場合は、親油性を高める事、つまり油性の成分をジェルに混ぜることによって、爪に対策成分が浸透しやすくしてくれています。

 

その油性の成分として入っているのはティーツリー葉油やアボガド油です。これらの成分と悩みのタネを対策してくれる成分を配合することで従来のにごり爪対策では浸透しづらかった対策成分を浸透しやすくしているんですね。(因みに、ティーツリーは悩みのタネに対しての対策効果があることがちゃんと認められ得ている成分です。にごり爪に、ティートリーが効果あり−−日本アロマセラピー学会第6回学術総会から:MedWave Back Number

 

さらに、対策成分自体にも竹酢液などの効果的な成分を使っているところも他のにごり爪対策とは大きく違います。

ドラッグストアで販売されているにごり対策の商品は薬品によって悩みのタネを対策しようとしていますが、クリアネイルショットは皮膚や爪にも優しい成分を使用しているところも口コミで人気がでてきている理由の一つですね。

さて、クリアネイルショットをより効果的に使うための使い方についてですが、ポイントは爪ができるだけ柔らかくなっている時を狙うことにあります。

爪が柔らかくなっている時の方が対策成分がより浸透しやすい状態になっていますからね。

そして、その時とはお風呂が上がりの時です。暖かいお湯によって爪はお風呂に入る前よりもクリアネイルショットの成分が浸透しやすい状態になっています。10人に1人がにごり爪ってホント!? | ロート製薬: 商品情報サイト

このタイミングを狙って、クリアネイルショットを使うのと使わないのとで効果のでる早さにも大きく影響してきます。

もし、クリアネイルショットを使って本気でにごり爪対策をしていこうとするのであれば、お風呂上がりに毎日塗る、というのがおすすめですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です